IMSUT
Menu
ホーム
研究室の紹介
メンバー紹介
著作物リスト
大学院進学について
お知らせ
リンク集
研究室へのアクセス
ENGLISH
お問い合わせ
IMSUT ORE
東京大学医科学研究所公共政策研究分野

文字の大きさ フォントサイズを大きく フォントサイズを小さく

◆スタッフ◆
◆大学院生◆
大学院新領域創成科学研究科メディカル情報生命専攻博士後期課程
大学院学際情報学府文化・人間情報学コース博士後期課程

武藤 香織(むとう かおり)

A. 論文 B. 著書 C. 翻訳 D. 報告書 E. 新聞掲載コラム
 
【A.論文】
1.英文(記載のないものは査読あり)
Muto K. Ethics and Governance of Non-invasive Prenatal Testing in Japan. IGS Seminar Series No.9:26-42,2017 Mar.(査読なし)
Tsujimura-Ito T, Inoue Y, Muto K, Yoshida KI. The use of human samples obtained during medicolegal autopsies in research: An introduction to current conditions and initiatives in Japan. Medicine, Science and the Law. 2017 Apr;57(2):75-83. doi: 10.1177/0025802417704107. Epub 2017 Apr 9.
Hirata M, Nagai A, Kamatani Y, Ninomiya T, Tamakoshi A, Yamagata Z, Kubo M, Muto K, Kiyohara Y, Mushiroda T, Murakami Y, Yuji K, Furukawa Y, Zembutsu H, Tanaka T, Ohnishi Y, Nakamura Y; BioBank Japan Cooperative Hospital Group., Kubo M. Overview of BioBank Japan follow-up data in 32 diseases. Journal of Epidemiology. 2017 Mar;27(3S):S22-S28. doi: 10.1016/j.je.2016.12.006. Epub 2017 Feb 10. Review.
Hirata M, Kamatani Y, Nagai A, Kiyohara Y, Ninomiya T, Tamakoshi A, Yamagata Z, Kubo M, Muto K, Mushiroda T, Murakami Y, Yuji K, Furukawa Y, Zembutsu H, Tanaka T, Ohnishi Y, Nakamura Y; BioBank Japan Cooperative Hospital Group., Matsuda K. Cross-sectional analysis of BioBank Japan clinical data: A large cohort of 200,000 patients with 47 common diseases. Journal of Epidemiology. 2017 Mar;27(3S):S9-S21. doi: 10.1016/j.je.2016.12.003. Epub 2017 Feb 9.
Nagai A, Hirata M, Kamatani Y, Muto K, Matsuda K, Kiyohara Y, Ninomiya T, Tamakoshi A, Yamagata Z, Mushiroda T, Murakami Y, Yuji K, Furukawa Y, Zembutsu H, Tanaka T, Ohnishi Y, Nakamura Y; BioBank Japan Cooperative Hospital Group., Kubo M. Overview of the BioBank Japan project: Study design and profile. Journal of Epidemiology. 2017 Mar;27(3S):S2-S8. doi: 10.1016/j.je.2016.12.005. Epub 2017 Feb 8. Review.
Inoue Y, Muto K. Noncompliance with Human Subjects' Protection Requirements as a Reason for Retracting Papers: Survey of Retraction Notices on Medical Papers Published from 1981 to 2011. Accountability in Research, 23(2):123-35, 2016. PMID: 26252752 DOI: 10.1080/08989621.2015.1069713. 
Kusunose M, Nagamura F, Muto K. Informed Consent in Clinical Trials Using Stem Cells: Suggestions and Points of Attention from Informed Consent Training Workshops in Japan. South African Journal of Bioethics and Law. 8(2 Suppl 1):49-54, 2015. DOI:7196/SAJBL.8016.
Sugimoto A, Nomura S, Tsubokura M, Matsumura T, Muto K, Mikiko Sato, Stuart Gilmour . The Relationship between Media Consumption and Health-Related Anxieties after the Fukushima Daiichi Nuclear Disaster. PLoS ONE 8(8): e65331. doi: 10.1371 / journal. pone. 0065331, 2013.
Ishiyama I, Tanzawa T, Watanabe M, Maeda T, Muto K, Tamakoshi A, Nagai A, Yamagata Z, Public attitudes to the promotion of genomic crop studies in Japan: Correlations between genomic literacy, trust, and favourable attitude, Public Understanding of Science, 21(4):495-512, 2012. PMID: 23038861.
Suzuki K, Sawa R, Muto K, Kosuda S, Banno K, Yamagata Z. Risk perception of pregnancy promotes disapproval of gestational surrogacy: Analysis of a nationally representative opinion survey in Japan, International Journal of Fertility and Sterility, 5(2): 78-85, 2011.
Inoue Y , Muto K, Children and the Genetic Identification of Talent, Hastings Center Report 41(5) inside back cover, 2011. PMID: 21980899.
Numabe H, Sawai H, Yamagata Z, Muto K, Kosaki R, Yuki K, Kosaki K. Reproductive success in patients with Hallermann-Streiff syndrome, American Journal of Medical Genetics, 155A(9):2311-3, 2011. PMID: 21815247.
Watanabe M, Inoue Y, Chang C, Hong H, Kobayashi I, Suzuki S, Muto K, 2011 'For what am I participating? - the need for communication after receiving consent from biobanking project participants: experience in Japan'. Journal of Human Genetics 56: 358-363, 2011. PMID: 21390038.
Muto K. Organ transplantation as a family issue: living liver donors in Japan. International Journal of Japanese Sociology 19(1): 35-48, 2010.
Semba Y., Chang C, Hong H, Kamisato A, Kokado M, Muto K. Surrogacy: donor conception regulation in Japan. Bioethics 24(7): 348-357, 2010. PMID: 20002072.
Watanabe M, Muto K, Ohata T, Takada F. Problems in the regulation of genetic tests in Japan: what can we learn from DTC genetic tests? Public Health and Genomics 13:327-335, 2010. PMID: 19864875.
Yamamoto M, Funamizu M, Muto K, Hata A. International web-based survey of informed consent procedures in genetic epidemiological studies: towards the establishment of a research coordinator accreditation system. Journal of Human Genetics. 54: 713-720, 2009. PMID: 19881471.
Ohto H, Yonemura Y, Takeda J, Inada E, Hanada R, Hayakawa S, Miyano T, Kai K, Iwashi W, Muto K, Asai F. Guidelines for managing conscientious objection to blood transfusion, Transfusion Medical Review 23(3):221-8, 2009. PMID: 19539876.
Ishiyama I, Nagai A, Muto K, Tamakoshi A, Kokado M, Mimura K, Tanzawa T, Yamagata Z: Relationship between Public Attitudes toward Genomic Studies Related to Medicine and Their Level of Genomic Literacy in Japan, American Journal of Medical Genetics 146A(13) 696-706, 2008. PMID: 18546279.
Naito M, Nakayama T, Ojima T, Kobashi G, Muto K, Washio M, Ishikawa S, Maruyama E, Sakai M, Sato K, Sugimori H, Suzuki M, Takahashi F, Yamagata Z, Tamakoshi A. Creating a brochure to promote understanding of epidemiologic research, Journal of Epidemiology 14(5): 174-6, 2004. PMID: 15478673.
Nakayama T, Muto K, Yoshiike N, Yokoyama T. Awareness and motivation of Japanese donors of blood for research, American Journal of Public Health 89(9): 1433-4, 1999. PMID: 10474568.

2.邦文:査読あり
李怡然,武藤香織.配偶子提供で生まれる子への真実告知とインフォームド・アセント―不妊カウンセラーへのインタビューより.保健医療社会学論集26(2): 74-84, 2016.
中田はる佳,吉田幸恵,有田悦子、武藤香織.「患者の経験からみる臨床試験への 参加判断とインフォームドコンセントの意義.臨床薬理48(2): 31-39,2017. DOI: 10.3999/jscpt.48.31
荒内貴子, 井上悠輔, 礒部太一, 武藤香織. ゲノム解析技術の進展と課題-巨大化する医学・生命科学分野の技術-. 社会技術研究論集11: 138-148, 2014
玉腰暁子, 武藤香織. 多施設共同疫学研究における中央事務局業務―実態の類型化と今後の標準化にむけて. 日本公衆衛生学会誌60:631-638, 2013
吉田邦広, 大畑尚子, 武藤香織, 土屋敦, 澤田甚一, 狭間敬憲, 池田修一, 戸田達史: 神経内科専門医の遺伝子診断に対する意識調査. 臨床神経, 53: 337-344, 2013.
神里彩子, 武藤香織. 「研究倫理コンサルテーション」の現状と今後の課題-東京大学医科学研究所研究倫理支援室の経験より-, 生命倫理 20(1): 183-193, 2010.
倉田真由美 , 武藤香織. 生体肝移植ドナー調査からみえてきた移植医療における研究課題, 滋賀医科大学看護学ジャーナル 5(1): 9-12, 2007.
林直哉, 岩田英津子, 大塚大樹, 緒方志保, 高村静巴, 伝田有希, 深田綾, 船橋英里佳, 三宅留夏, 山越恵, 武藤香織. 中越地震復興支援ボランティア経験から看護学生が学んだこと. 信州医学雑誌 53(6): 421-424, 2005.
武藤香織,黒田幸代. 「全国自治体における不妊専門相談センター事業に関する現状調査」.助産雑誌, 59(10): 930-935, 2005.
石川鎮清, 鷲尾昌一, 武藤香織. 疫学研究におけるインフォームド・コンセントに関しての住民の意識に関する調査研究, 臨牀と研究 79(7): 1199-1204, 2002.
鷲尾昌一, 尾島俊之, 丸山英二, 武藤香織, 田中恵太郎, 荷方節子, 川崎晃一, 玉腰暁子. 疫学研究における倫理的問題についての意識 : 一般大学生、看護大学生、看護職の比較. 日本循環器病予防学会誌37(3): 214-220, 2002.
武藤香織,泉田信行,岩木三保,山田猛,吉良潤一. 診療報酬の逓減制が神経難病患者の医療・看護に与える影響について~原価調査とALS患者・家族への聞き取りを通じて.日本難病看護学会誌 5(3): 168-184, 2001.
武藤香織,『新しい遺伝学』の家族社会学:家族・親族の医療化と病名告知を手がかりに.哲学 106: 93-121, 2001.
武藤香織 , 岩木三保 , 吉良潤一. 難病患者に対する入院施設確保事業の現状と問題点:福岡県重症神経難病ネットワークの取り組みより. 医療と社会 10(1): 145-157, 2000.
武藤香織. 逆選択の防止と『知らないでいる権利』の確保:イギリスでのハンチントン病遺伝子検査結果の商業利用を手がかりに.国際バイオエシックスネットワーク 30: 11-20, 2000.
武藤香織, 古谷博和, 吉良潤一. ハンチントン病の発症前遺伝子検査と医療福祉的サポートの現状,医療と社会8(3):67-82,1998.
武藤香織. イギリスの「ヒトの受精と胚研究に関する法律」から学ぶもの―生命倫理問題に関する一考察, 慶應義塾大学大学院社会学研究科紀要 39: 21-27, 1994.

3.邦文:査読なし
武藤香織, 臨床試験への患者・市民参画(patient and public involvement:PPI)とは何か.医薬ジャーナル 50(8): 93-98, 2014.
武藤香織. 社会科学とIRB制度―米国での経験から何を学ぶべきか?―. 社会学研究. 査読なし. 93:29-50, 2013.
武藤香織.「医療に関する事前指示」の長所と短所.『旅立ちのデザイン帖―あなたらしい”終活”のガイドブック』所収.pp. 352-356. NPO法人ライフデザインセンター編著,亜紀書房, 2016
武藤香織.ハンチントン病と共に生きる ~現状と展望.難病と在宅ケア 22(2): 31-33 2016
武藤香織. 遺伝子検査ビジネスの規制をめぐる課題. 臨床病理レビュー特集第157号, 18-23,臨床病理刊行会, 2016.
武藤香織. 遺伝性神経難病の研究に関する倫理的諸問題. 遺伝子医学MOOK別冊「最新精神・神経遺伝医学研究と遺伝カウンセリング」1-5, 2016.
武藤香織,医療現場における倫理(第10回DIA日本年会 日本発の創薬革命―革新的創薬・育薬に向けたアカデミア・行政・企業の果たすべき役割―チーム医療と倫理),臨床医療31(4): 357-361,臨床医薬研究協会,2015.
武藤香織,臨床試験・治験の語りデータベース公開に向けて―これまでの歩みと課題を振り返る(第14回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2014in浜松 シンポジウム「臨床試験・治験の普及・啓発」を問い直す―この10年とこれから),薬理と医療43(8): 1077-1080,ライフサイエンス出版,2015.
別府宏圀, 武藤香織. 臨床試験への患者参画. 臨床評価 40(1): 53-70, 2012.
佐藤未来子, 井上悠輔, 武藤香織.ゲノム医療時代に必要なリテラシーとは何か?.『生物の科学 遺伝』66 (4): 456-459, 2012.
武藤香織, 柊中智恵子. 遺伝相談の医療化再考. 特集号:看護が変えていく社会?社会学的アプローチと実践. インターナショナル ナーシング レビュー 156号, 5月臨増号: ?68-73, 2012.
武藤香織. 難病をもつ地域住民への支援~市町村の役割再考.特集 難病を生きる―ALSとともに. 月刊「自治研」2011年7月号,19-26, 2011.
武藤香織. GWASがもたらす倫理的な課題. 肝胆膵 62(5): 873 -877, 2011.
武藤香織. 人を対象とした研究の倫理とガバナンス, 情報学研究 学環: 東京大学大学院情報学環紀要 80: 153-156, 2011. 
洪賢秀、井上悠輔、武藤香織.ヒト幹細胞研究における規制と倫理についての日本と世界の現状.中辻憲夫,中内啓光/監 梅澤明弘,末盛博文,高橋淳/編『再生医療の最前線2010』.実験医学増刊 28(2): 170-175, 羊土社, 2010. 
武藤香織, 山縣然太朗. 社会の中のゲノム医学研究. 辻省次編『疾患遺伝子の探索と超高速シークエンス  パーソナルゲノム時代の疾患解明と治療戦略』, 実験医学増刊 27 (12): 206-211, 羊土社, 2009. 
大戸斉, 米村雄士, 武田純三, 稲田英一, 花田良二, 早川智, 宮野武, 甲斐克則, 岩志和一郎, 武藤香織, 浅井文和. 宗教的輸血拒否に関するガイドライン. 日本外科学会雑誌110(2): 1-8, 2009. 
武藤香織. 「ピンピンコロリ」をめぐる物語―私たちが欲しいものはこれなのか?.現代思想36(3): 116-125,2008.  
武藤香織, 佐藤恵子, 白井泰子. 倫理審査委員会改革のための7つの提言. 生命倫理 15(1): 28-34, 2005. 
武藤香織. 遺伝とエンパワーメント--当事者団体の果たす役割,特集:「わかること」「わからないこと」の間にある遺伝の話. 助産雑誌59(2): 124-129, 2005. 
武藤香織. 「舞踏病」と舞踏の邂逅.現代思想32(14): 162-169, 2004. 
武藤香織. 婦人公論レポート これが、読者870人の"性"の実態です. 婦人公論 89(16): 132-143, 2004. 
武藤香織.倫理委員会の明日はどっちだ!?. 患者のための医療9: 79-83, 2004. 
武藤香織.医療と研究の資源としての家族―ポスト・ゲノムの時代に.季刊家計経済研究 62: 30-6, 2004. 
鷲尾昌一, 武藤香織, 玉腰暁子. 調査報告「疫学研究におけるインフォームド・コンセントに関するガイドライン(ver.1.0)」に対する看護大学生の感想. 保健婦雑誌 59(12): 1166-1170, 2003. 
武藤香織.「家族愛」の名のもとに―生体肝移植と家族―,小特集2:「『家族愛』の名のもとに:生体肝移植をめぐって.家族社会学研究 14(2): 128-138, 2003. 
武藤香織. 社会学の立場からのアドバイス―質的研究の発表方法, 特集:学会発表をしよう!学会発表の基本からプレゼンテーションの実際まで,臨床看護 26(9): 1386-90, 2003. 
最相葉月 ,アリス・ウェクスラー, 武藤香織. 鼎談 遺伝子診断と「知らないでいる権利」. 波 37(10), 52-55, 2003.
武藤香織. 患者・家族の立場から. 生命倫理ケース・スタディ(1)遺伝病の告知. ジュリスト 1243: 57-59, 2003. 
武藤香織. 『確率』を引き受けるための支援―『生活上の知』から.法律時報75(9): 70-2, 2002. 
武藤香織. 検体のまま取り残されないために―ハンチントン病をめぐって.現代思想30(2): 228-45, 2002. 
武藤香織. デリヘルでの試みと女性への支援―『性的介助』を考える. 難病と在宅ケア7(10): 16-9, 2002. 
武藤香織. ブラウン大学での日々から倫理委員会研究へ. 保健医療社会学論集 12(2): 72-75, 2001. 
武藤香織. 生命倫理政策と社会学の必要性―ルールができたあとへの眼差し. 三田社会学 6: 81-85, 2001. 
武藤香織,小倉康嗣.現在日本人のぼけ観に関する調査研究,Clinician 491: 73-75, 2000. 
池田俊也, 武藤香織. 臓器移植と臨床経済学. 臨床死生学 5(1): 61-7, 2000. 

【B. 著書】
神里彩子・武藤香織編「医学・生命科学の研究倫理ハンドブック」,東京大学出版会,2015.
武藤香織,ピア・サポートの研修と今後の課題,辻省次・西澤正豊編「アクチュアル 脳・神経疾患の臨床 すべてがわかる神経難病医療」pp328-334,中山書店,2015.
武藤香織,第5章ヒトゲノム解析と医療への応用をめぐる倫理的課題,塚田敬義・前田和彦編「生命倫理・医事法」pp67-79,医療科学社, 2015.
武藤香織,第4章倫理的措置 1倫理指針の種類2倫理審査委員会,新保卓郎,川村孝,成瀬光栄編「内分泌代謝臨床研究マニュアル」pp75-78,2015.9.20,診断と治療社.
笹栗俊之, 武藤香織編. シリーズ生命倫理学 第15巻 医学研究,丸善出版, 2012.
玉腰暁子, 武藤香織. 『医療現場における調査研究倫理ハンドブック』 医学書院, 2011. 
武藤香織.「生体肝ドナー調査」から見る課題,城下裕二編『生体移植と法』, 27-40, 日本評論社, 2009. 
武藤香織. 「脱医療化」する予測的な遺伝学的検査への日米の対応―遺伝病から栄養遺伝学的検査まで―.杉田米行編『日米の医療―制度と倫理』,大阪大学出版会,203-224,2008. 
柊中智恵子,武藤香織. 遺伝に対する相談への対応.吉良潤一編『難病医療専門員による難病患者のための難病相談ガイドブック』, 64-87, 九州大学出版会,2008. 
武藤香織. DNA親子鑑定は「ふしだらな」女性にとっての救済策か? 舘かおる編著『ジェンダー研究のフロンティア第4巻 テクノ/バイオ・ポリティクス-科学・医療・技術のいま』,作品社,238-264, 2008. 
三村恭子, 小門穂, 武藤香織, 張瓊方, 洪賢秀. 「女性にやさしい」機器のつくられ方―内診台を例にして. 舘かおる編著『ジェンダー研究のフロンティア第4巻 テクノ/バイオ・ポリティクス-科学・医療・技術のいま』,作品社,223-240, 2008. 
武藤香織. 不妊治療をめぐる施策と想像力―「俺の産んだ子」は誕生しないのか, 北九州市立男女共同参画センター“ムーブ”編 ジェンダー白書6女性と健康,明石書店,2008. 
武藤香織. 遺伝病ピアサポートの可能性と課題.水口修紀・吉田雅幸監修 吉田雅幸・小笹由香編集『遺伝診療をとりまく社会―その科学的・倫理的アプローチ』,ブレーン出版, 149-158, 2007. 
武藤香織. 神経難病当事者団体のネットワーキング.阿部康二編著『神経難病のすべて~症状・診断から最先端治療,福祉の実態まで~』,新興医学出版社,187-192, 2007. 
武藤香織. ハンチントン病の当事者団体を支援して.伊藤良子監修,玉井真理子編『遺伝相談と心理臨床』,金剛出版, 218-230, 2005. 
武藤香織. ALSとジェンダーをめぐって.植竹日奈他編『ALS・告知・選択 人工呼吸器をつけますか?』,メディカ出版, 124-136, 2004. 

【C. 翻訳】
アリス・ウェクスラー著 武藤香織・額賀淑郎訳『ウェクスラー家の選択―遺伝子診断と向きあった家族―』,新潮社,2003.

【D. 報告書】
武藤香織,洪賢秀,張瓊方:東アジアにおける遺伝学的検査の質保証政策,JST「重要課題解決型研究等の推進」プログラム「遺伝子診断の脱医療化・市場化が来す倫理社会的課題」成果報告書,pp.196-205, 2008.
厚生労働省生殖補助医療緊急対策事業「諸外国における生殖補助医療の状況に関する調査研究班」(主任研究者 武藤香織):代理懐胎に関する諸外国の現状調査報告書,「イギリスにおける代理懐胎の現状」執筆(pp. 103-142)及び全体の編集, 2007.
武藤香織,倉田真由美,長谷川唯:生体肝移植ドナー候補者のための説明と意思確認の過程見直しのための提言1―現行の説明文書の検討より―.厚生労働科学研究費補助金 厚生労働科学特別研究事業 生体肝移植ドナーの安全性とケアの向上のための研究班 平成17年度総括・分担研究報告書,29-46, 2006.
武藤香織,阿久津攝,橳島次郎,米本昌平. 日本の遺伝病研究と患者・家族のケアに関する調査-家族性アミロイドポリニューロパチー(FAP)を対象に-,Studies 生命・人間・社会 No.4, 2000. 
武藤香織. 生殖技術に対するイギリスの取り組み, 橳島次郎, 市野川容孝, 武藤香織, 米本昌平. 「先進諸国における生殖技術への対応―ヨーロッパとアメリカ、日本の比較研究」所収, Studies 生命・人間・社会 No.2: 23-53, 1994. 

【E. 新聞掲載コラム】
武藤香織. 信濃毎日新聞コラムシリーズ「サイエンスの小径」
「血液型 隠したいわけは」. 信濃毎日新聞 2012.02.27.
「キメラ胚の研究を考える」. 信濃毎日新聞 2012.01.16.
「『バイオバンク』幅広い議論を」. 信濃毎日新聞 2011.11.28.
「難病の説明 当事者自ら」. 信濃毎日新聞 2011.10.17.
「被災地で科学を語り合う」. 信濃毎日新聞 2011.09.05. 
「臓器売買の公的市場管理論」. 信濃毎日新聞 2011.07.25. 
「放射線の影響 科学者の責務」. 信濃毎日新聞 2011.06.06. 
「震災後の町とカーナビ」. 信濃毎日新聞 2011.04.18. 
「『幹細胞治療』による被害」. 信濃毎日新聞 2011.03.07. 
「臓器移植と大人の責任」. 信濃毎日新聞 2011.01.24. 
「ゲノム時代の遺伝子検査」. 信濃毎日新聞 2010.12.06. 
「臨床研究進めるために」. 信濃毎日新聞 2010.10.25. 
「屋久島 山を下る『荷物』」. 信濃毎日新聞 2010.09.21. 
「医薬品開発 日本の役割は」. 信濃毎日新聞 2010.08.02. 
「臓器提供者の保護を」. 信濃毎日新聞 2010.06.21. 
「研究者と被験者を結ぶ」. 信濃毎日新聞 2010.05.10. 
   
武藤香織 遺伝性難病の療養不安解消を(論壇) 朝日新聞東京朝刊 15頁 2000.11.15.

>>メンバー紹介はこちら

△このページのTOPへ

神里 彩子(かみさと あやこ)

【主な論文】
神里彩子, 岩江荘介, 飯島祥彦, 會澤久仁子, 鈴木美香, 武藤香織. 「「研究倫理支援」に関する実態調査―現状把握と概念整理に向けて」 生命倫理, 2015; 26/25(1):12332.
神里彩子.生命科学研究における成果発表の意義とその規制の許容性についての一考察-2011~2012年H5N1型インフルエンザウイルス研究論文問題を題材として、生命倫理通巻23(1)、2013
Semba, Y., Chang C., Hong, H., Kamisato, A., Kokado, M., Muto, K. Surrogacy: donor conception regulation in Japan. Bioethics, 24(7): 348-57, 2010. PMID: 20002072.
神里彩子. ヒトと動物のキメラを作成する研究はどこまで認められるか? -再議論に向けた検討課題の提示-,生命倫理 21(1): 22-32, 2011.
神里彩子, 武藤香織. 「研究倫理コンサルテーション」の現状と今後の課題‐東京大学医科学研究所研究倫理支援室の経験より‐,生命倫理 20(1): 183-193, 2010.
神里彩子. 科学研究規制をめぐる「学問の自由」の現代的意義と課題, 社会技術研究論文集 Vol.7: 211-221, Mar. 2010
大上泰弘・神里彩子・城山英明:イギリス及びアメリカにおける動物実験規制の比較分析‐日本の規制体制への示唆.社会技術研究論文集5号.132‐142,2008.
大上泰弘・成廣孝・神里彩子・城山英明・打越綾子:日本における生命科学・技術者の動物実験に関する意識-生命科学実験及び動物慰霊祭に関するアンケート調査の分析.ヒトと動物の関係学会誌20号.66‐73,2008.
大上泰弘・神里彩子・城山英明:イギリスにおける動物の実験規制を支えている思考様式.科学技術社会論研究5号.84‐92,2008.
井上悠輔・神里彩子:イギリスにおけるヒト胚利用の公的審査体制の再編-受精・胚研究認可庁15年目の課題-.生命倫理通巻17号.107‐113,2006.
神里彩子:イギリスにおける着床前診断の法的規制と政策-発展する生殖補助技術に対する規制のあり方-.法学志林103巻3号.119‐162,2006.
神里彩子:医療専門職集団の未来像.現代のエスプリ2005年9月号.至文堂.72‐79,2005.
神里彩子:GHQ占領期における医師会の設立・加入体制の構築経緯.日本医史学雑誌50巻2号(通号 1514).243‐274,2004.*「神里(所)」で執筆

【書籍の編集・執筆・翻訳】
神里彩子・武藤香織編「医学・生命科学の研究倫理ハンドブック」,東京大学出版会,2015.
神里彩子 「機関内審査委員会(institutional review board:IRB)/ヘルシンキ宣言/遺伝子組換え実験規制/研究倫理」 巌佐庸, 倉谷滋, 斎藤成也, 塚谷裕一編『岩波生物学辞典第5版』、岩波書店、2013
神里彩子・成澤光編著:生殖補助医療 生命倫理と法-基本資料集3.信山社.21‐123,262‐308,2008.
神里彩子:生殖補助医療をめぐる議論-その回顧と展望-.家永登編『生殖技術と家族Ⅱ』.早稲田大学出版部.42‐71,2008.
神里彩子:イギリスと日本における動物実験規制-動物観から見た法制度設計.城山 英明、西川 洋一 編『法の再構築Ⅲ 科学技術の発展と法』.東京大学出版会.45‐68,2007.

【主な報告書】
神里彩子:Ⅲ. 日本および諸外国における動物実験規制-法的視点-.日本学術振興会人文・社会科学振興のためのプロジェクト研究事業科学技術ガバナンス・プロジェクト「現場からの技術者倫理システム」グループ研究成果報告書.119‐190,2008.
神里彩子:第3章 米国の代理に関する制定法規定を持つ州における規制状況.平成18年度生殖補助医療等緊急対策事業報告書.273‐290,2007.
神里彩子:生殖補助医療研究に関する海外の規制状況. (平成16年度厚生労働科学研究費補助金厚生労働科学特別研究事業「ヒト胚の研究体制に関する研究」報告書.46‐102,2005.

>>メンバー紹介はこちら

△このページのTOPへ

井上 悠輔(いのうえ ゆうすけ)

【主な論文】
Tujimura T, Inoue Y, Kaori Muto, Ken-ichi Yoshida. The use of human samples obtained during medicolegal autopsies in research: An introduction to current conditions and initiatives in Japan. Medicine, Science and the Law, in press, 2017.
Inoue Y, Shineha R, Yashiro Y. Current public support for human-animal chimera research in Japan is limited, despite high levels of scientific approval. Cell Stem Cell, 19(2):152-153, 2016.
Inoue Y, Muto K. Noncompliance with human subjects' protection requirements as a reason for retracting papers: Survey of retraction notices on medical papers published from 1981 to 2011. Accountability in Research, 23(2):123-35, 2016.
Tujimura T, Inoue Y, Yoshida K. Organ retention and communication of research use following medico-legal autopsy: a pilot survey of university of forensic medicine departments in Japan. Journal of Medical Ethics, 40(9):603-8, 2014.
Forsberg J, Inoue Y. Beware side effects of research ethics revision. Science, 341(6152), 1341-1342, 2013.
Inoue Y, Muto K. Children and the genetic identification of talent. The Hastings Center Report, 41(5), 49, 2011.
Inoue Y, Matsui K. Physicians’ recommendations to their patients concerning a novel vaccine: a cross-sectional survey on 2009 A/H1N1 vaccination in Japan. Environmental Health and Preventive Medicine, 16(5): 320-6, 2011.
Watanabe M, Inoue Y, Chang C, Hong H, Kobayashi I, Suzuki S, Muto K. For what am I participating? - the need for communication after receiving consent from biobanking project participants: experience in Japan.Journal of Human Genetics, 56(5): 358-63, 2011.
Inoue Y, Wada Y, Motohashi Y, Koizumi A. History of blood transfusion before 1990 increases cancer mortality risk independent of liver diseases: prospective long-term follow-up. Environmental Health and Preventive Medicine, 15, 180-187, 2010.
Inoue Y, Hong H. Cadaveric donation and the family: perspectives from the legal history of Japan, Asian Bioethics Review, 4, 342-353, 2009.
Inoue Y, Koizumi A, Wada Y, Iso H, et al. Risk and protective factors related to mortality from pneumonia among middle-aged and elderly community residents: the JACC Study. Journal of Epidemiology, 17(6), 194-202, 2007.
Inoue Y, Fukagaya K, Kada A, et al. A historical aspect of Lysinuric Protein Intolerance in a northern part of Iwate, Japan. Human Biology, 75, 81-90, 2003.
標葉隆馬、井上悠輔、八代嘉美 ヒト動物キメラを巡る意識の多様性ー一般モニター調査の分析から 成城文藝、印刷中、2017年.
井上悠輔 国際幹細胞学会(ISSCR)幹細胞研究・臨床応用ガイドラインの解説 Organ Biology、印刷中、2017年.
中田はる佳、井上悠輔 2016年末に成立した米国「21世紀治療法」、臨床試験学会雑誌、印刷中、2017年.
辻典子、井上悠輔、森田ひとみ、中村健一.【第1回研究倫理を語る会】 セッション1「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」への対応状況、薬理と治療 44巻5号、39-44、2016年.
井上悠輔 医学研究におけるバイオバンク・データベース構築に関する世界医師会の新宣言をめぐる議論、臨床病理レビュー特集154号、79-88、2015年.
井上悠輔 人由来試料の収集・分譲計画(バイオバンク)への研究倫理指針の適用と課題、Organ Biology、22(2)号、133-144、2015年.
井上悠輔 研究不正と研究者の注意義務:「不正ガイドライン」とその先、薬学図書館 60(3)号、205-212、2015年.
井上悠輔 世界医師会のヘルシンキ宣言と2013年のフォルタレザ改訂、医薬ジャーナル、50(8)号、55-62頁、2014年.
井上悠輔 臨床研究の不正と医師の「誠実さ」、年報医事法学、29号、196-202、2014年.
荒内貴子、井上悠輔、礒部太一、武藤香織 ゲノム解析技術の進展と課題-巨大化する医学・生命科学分野の技術-、社会技術研究論文集、11号、138-148、2014年.
井上悠輔 ヒトゲノム解析に関する倫理指針の改正、Organ Biology、21(1)号、24-32、2014年.
井上悠輔 ヒト試料の取扱いと研究倫理、医学のあゆみ、246(8)号、545-551、2013年.
井上悠輔 欧州連合(EU)における臨床研究規制、年報医事法学、27号、70-80、2012年
井上悠輔.臨床研究と利益相反 年報医事法学 27号、99-106頁、2012年
佐藤未来子、井上悠輔、武藤香織 ゲノム医療時代に必要なリテラシーとは何か?
生物の科学 遺伝、66号、456-459頁、2012年
井上悠輔. 人体要素を研究資源として利用する際の研究倫理上の諸問題―欧州評議会閣僚委員会2006年勧告とガイドライン―. 医療・生命と倫理・社会,10号,1-22頁,2011年.
井上悠輔 人の身体に由来する試料をめぐる相克、日本生命倫理学会ニューズレター、46号、3、2010年.
井上悠輔, 赤林朗 発生学の展開と幹細胞研究の諸問題.Biophilia、6号、66-70頁、2010年.
有馬斉, 児玉聡, 井上悠輔. 臓器移植法の改正―改正のポイントと残された論点―.じっきょう:地歴・公民科資料,69号,5-8頁,2009年.
井上悠輔. 被疑者段階で採取された試料・DNA型データの保有継続をめぐって ヨーロッパ人権裁判所「SおよびMarper対イギリス判決」,医療・生命と倫理・社会,8号,74-91頁,2009年.
井上悠輔. 生体試料バンクの倫理的課題:海外での規制立案をめぐる経験から,医学のあゆみ,220巻,837-840頁,2007年.
井上悠輔, 神里彩子.イギリスにおけるヒト胚利用の公的審査体制の再編.生命倫理,17巻,107-113頁,2006年.
井上悠輔.医学生の臨床活動をめぐる諸問題-教育目的としての無免許医行為の制度的位置づけ-,臨床評価,32巻,233-257,2005年.
井上悠輔.「展示・陳列される人体」の返還をめぐる議論の意味するもの-人体組織の管理に関するイギリスでの議論から-,医療・生命と倫理・社会,3巻,78-89,2004年.

【著書(分担)・翻訳】
井上悠輔「利益相反(COI)管理」、日本臨床薬理学会編『臨床薬理学』第4版、医学書院、印刷中.
井上悠輔『生命維持治療と終末期ケアに関する方針決定』(Berlinger N, Jennings B, Wolf SM著、前田正一監訳)金芳堂、2016年(共訳).
井上悠輔 「公衆衛生の歴史:日本(1)概論」「公衆衛生の歴史:日本(2)主な関連法規」(第3章、第4章)、『公衆衛生倫理』(入門医療倫理III、赤林朗・児玉聡編)、勁草書房、2015年.
井上悠輔 「人の身体に由来する試料を用いた研究の倫理」「研究発表の倫理と不正」「医学研究の信頼性と利益相反」(第2章、第12章、第13章)、『医学・生命科学の研究倫理ハンドブック』(神里彩子・武藤香織編)、東京大学出版会、2015年.
井上悠輔 ゲノム解析において留意すべき研究倫理上の諸問題と国際的な規制の動向、『遺伝子・DNA利用の製品研究開発における規制・倫理対応と解析、操作技術のトラブル対策』、技術情報協会、35-46頁、2014年.
井上悠輔、「バイオバンク/臓器移植/ヒト胚研究」、『岩波生物学辞典』(第5版)、岩波書店、2013年
井上悠輔、「医学研究と利益相反」、『医学研究』(シリーズ生命倫理学第15巻、笹栗俊之、武藤香織編)、152-170頁,丸善、2012年
井上悠輔.『臨床研究倫理ハンドブック』(「倫理原則と倫理指針1-4-2」「審議のポイント2-4-1」担当),丸善,2011年.
洪賢秀, 井上悠輔, 武藤香織.『再生医療の最前線』(中辻憲夫・中内啓光監修、梅澤明弘ほか編),170-175頁(ヒト幹細胞研究における規制と倫理についての日本と世界の現状), 羊土社, 2010年.
井上悠輔.『生殖補助医療』(成澤光ほか編集), 209-226頁, 信山社, 2008年.
井上悠輔(共訳).『ヘルスリサーチのための質的研究方法-その理論と方法』(Pranee Liamputtong Rice/Dougas Ezzy著, 木原雅子/木原正博 監訳, 三煌社, 2007年.
井上悠輔.『救急研修標準テキスト』(日本救急医学会監修,島崎修二ほか編),11-14頁(「チーム医療」), 医学書院, 2005年.
井上悠輔, 小泉昭夫.『分子予防環境医学』(分子予防環境医学研究会編),674-686頁(「遺伝情報管理システム」), 本の泉社, 2003年.
井上悠輔, 小泉昭夫.『遺伝子医学の基礎知識』(本庶佑監修, 有井滋樹ほか編),129-134頁(「病気の原因遺伝子の単離の為の戦略,疾患とフィールドの選択」), メディカル・ドゥ社, 2002年.

【主な報告書】
井上悠輔.研究開発の素材としての人由来「一般試料」の運用.(経済産業省・製造基盤技術実態等調査「遺伝子関連検査に関する調査事業」報告/三菱化学テクノリサーチ)(2014年度)
井上悠輔.臨床研究の不正と医師の資質.厚生労働省地域医療基盤開発推進研究事業「医療情報と法:医療サービス向上に向けた患者情報の利用をめぐる法的課題の研究」(2014年度).
井上悠輔.スウェーデンの患者データの利活用に関する法制度.厚生労働省地域医療基盤開発推進研究事業「医療情報と法:医療サービス向上に向けた患者情報の利用をめぐる法的課題の研究」(2013年度).
磯部哲、田代志門、井上悠輔ほか.「臨床研究に関する欧米諸国と我が国の規制・法制度の比較研究」.厚生労働省医療技術実用化総合研究事業(2013年度、2014年度).
井上悠輔.欧州での研究結果の返却をめぐる議論.厚生労働省厚生労働科学特別研究事業「メディカル・ゲノムセンター等における個人の解析結果等の報告と公的バイオバンクの試料・情報の配布に関する論点整理と提言」(2013年度).
井上悠輔.欧州個人データ保護規則案における医学研究関連条項.厚生労働省地域医療基盤開発推進研究事業「医療情報と法:医療サービス向上に向けた患者情報の利用をめぐる法的課題の研究」(2012年度).
井上悠輔.ニュージーランドにおける予防接種及び補償に関する法制度研究.厚生労働科学特別研究事業「諸外国における予防接種制度の法制的研究.」(2010年度).
井上悠輔.エイズ対策関連の法制度に関する国際比較研究:ハームリダクションと薬物規制の刑事罰の運用.厚生労働省エイズ対策研究事業「UNGASS REPORT等の報告書作成に必要な情報を収集・分析する研究」(2009年度).
井上悠輔 ワクチン配分の政策と倫理 東京大学政策ビジョン研究センター、Policy Issues、 5号、2009年.
井上悠輔、米本昌平 ヒト組織の研究利用の規制-海外の動向と日本の課題-、Studies 生命・人間・社会、9巻、全70頁、2006年.
井上悠輔 『出自を知る権利」についての諸外国の制度と現状-提供精子・卵子・胚によって生まれた子のドナー情報へのアクセス-』、日本医師会総合政策研究機構報告書、第66号、34-69頁、2004年.
橳島次郎、井上悠輔ほか、日本における被験者保護法制のあり方、Studies 生命・人間・社会、6巻、57-95頁、2002年.

>>メンバー紹介はこちら

△このページのTOPへ

洪 賢秀(ほん ひょんすう)

【主な論文】
Azumi Tsuge, Hyunsoo Hong. Reconsidering ethical issues about “voluntary egg donors” in Hwang's case in global context, New Genetics and Society. Volume 30, Issue 3, 2011, pages 241-252, Available online: 25 Aug 2011
Inoue, Y and Hong, H. Cadaveric donation and the family: perspectives from the legal history of Japan. Asian Bioethics Review. 1 (4): 342-353, 2009.
Semba, Y., Chang C., Hong, H., Kamisato, A., Kokado, M., Muto, K. Surrogacy: donor conception regulation in Japan. Bioethics, 24(7): 348-57, 2010. PMID: 20002072.
洪 賢秀:韓国社会における子どもの「性保護」と性犯罪防止対策.「社会の安全と個人情報保護―子どもを被害者とする性犯罪対策を中心に」『比較法研究』
 70号. 99-105.2009.
洪 賢秀:「『科学的パフォーマンス』に覆い隠された韓国の論文捏造事件」『現代思想』11月、青土社vol.35-14、173-182. 2007.
洪 賢秀:「韓国における研究目的での卵子提供の規制状況と諸課題」『産婦人科の世界』
第59巻1号、医学の世界社. 23-28. 2007.
洪 賢秀:「韓国法における生殖補助医療の規制状況―立法化にむけての動き―」『法律時報』10月号、日本評論社. 62‐68.2007.
洪 賢秀:「生命倫理と法:韓国」『比較法研究』66、比較法学会、有斐閣.
 66-74. 2004.

【書籍の編集・執筆・翻訳】
10章)洪賢秀「韓国における生殖医療と法的ルール」甲斐克則編『生殖医療と医事法』、信山社、253-278、2014
6章)洪賢秀「インフォームド・コンセントツールづくりを覗く」文部科学省科学技術試験研究委託事業「オーダーメイド医療の実現プログラム」編、『ヒトゲノム解析研究と医療をつなぐ倫理的配慮』アドスリー、44-48、2014
洪賢秀、井上悠輔、武藤香織.ヒト幹細胞研究における規制と倫理についての日本と世界の現状.再生医療の最前線2010.170-175.東京:羊土社:2010.
洪 賢秀:「研究用卵子提供の何が問題なのか―韓国黄禹錫論文捏造事件を中心に―」『テクノ/バイオ・ポリティクス―科学・医療・技術のいま』舘かおり編.作品社.196-214,2008
洪 賢秀:「韓国における生殖技術への対応」『現代生殖医療-社会科学からのアプローチ』上杉富之編. 世界思想社,201-221.2005.

【主な報告書】
洪賢秀「韓国の個人遺伝情報に関する規制とその運用について」(経済産業省・製造基盤技術実態等調査「遺伝子関連検査に関する調査事業」報告/三菱化学テクノリサーチ)(2014年度)
洪賢秀「オーダーメイド医療の実現プログラム (BBJ)における社会との接点 ─倫理的配慮と研究の透明化をめざして」Biophilia電子版Vol.3, No.2,アドスリー、43-48、2014
武藤香織、洪 賢秀、張 瓊方、永井亜貴子、山下恭司:『「オーダーメイド医療実現化プロジェクト」における インフォームド・コンセント~メディカル・コーディネーターの経験から』文部科学省「オーダーメイド医療実現化プロジェクト」、社会との接点ワーキンググループ, 5-75. 2012.
洪 賢秀:「韓国―親子関係に係る二つの動き」『停滞する生殖補助医療の論議を進めるために-代理懐胎は許されるか-』報告書.東京財団政策研究、東京財団. 26-31. 2010
洪 賢秀:韓国における代理懐胎の現状.厚生労働省生殖補助医療緊急対策事業「諸外国における生殖補助医療の状況に関する調査研究班「代理懐胎に関する諸外国の現状調査報告書」.113-140,2008.
洪 賢秀:「韓国の論文捏造事件と卵子物語―人クローン胚研究のエキストラから主人公への道のり―」『「ファン・ウソク事件と女性の資源化―韓国女性民友会をお招きして―」シンポジウム報告書』 お茶の水女子大学21世紀COEプログラムF-GENS Publication Series 30, 45-57. 2008.
洪 賢秀:「韓国社会における海外養子のイメージ―Uターンしてきた海外養子の素描―」国立民族学博物館調査報告(Senri Ethnological Reports) No.69 『グローバル化と韓国社会―その内と外』朝倉敏夫・岡田浩樹編.65-74. 2007.
洪 賢秀:『エチュード~韓国における発生・生殖技術への対応(2)』No.4、科学技術文明研究所. 1-105, 2005.
洪 賢秀:『エチュード~韓国における発生・生殖技術への対応』No.2、科学技術文明研究所. 1-96.2003.

>>メンバー紹介はこちら

△このページのTOPへ

永井 亜貴子(ながい あきこ)

【主な論文】
Nagai A, Hirata M, Kamatani Y, Muto K, Matsuda K, Kiyohara Y, Ninomiya T, Tamakoshi A, Yamagata Z, Mushiroda T, Murakami Y, Yuji K, Furukawa Y, Zembutsu, H, Tanaka T, Ohnishi Y, Nakamura Y, Shiono M, Misumi K, Kaieda R, Harada H, Minami S, Emi M, Emoto N, Daida H, Miyauchi K, Murakami A, Asai S, Moriyama M, Takahashi Y, Fujioka T, Obara W, Mori S, Ito H, Nagayama S, Miki Y, Masumoto A, Yamada A, Nishizawa Y, Kodama K, Kutsumi H, Sugimoto Y, Koretsune Y, Kusuoka H, Yanai H, Kubo M, Overview of the BioBank Japan Project: Study design and profile, Journal of Epidemiology, 27(3):S2-S8, 2017. PMID: 28189464.
Hirata M, Kamatani Y, Nagai A, Kiyohara Y, Ninomiya T, Tamakoshi A, Yamagata Z, Kubo M, Muto K, Mushiroda T, Murakami Y, Yuji K, Furukawa Y, Zembutsu, H, Tanaka T, Ohnishi Y, Nakamura Y, Shiono M, Misumi K, Kaieda R, Harada H, Minami S, Emi M, Emoto N, Arai H, Yamaji K, Hiratsuka Y, Asai S, Moriyama M, Takahashi Y, Fujioka T, Obara W, Mori S, Ito H, Nagayama S, Miki Y, Masumoto A, Yamada A, Nishizawa Y, Kodama K, Kutsumi H, Sugimoto Y, Koretsune Y, Kusuoka H, Yoshiyama T, Matsuda K, Cross-sectional analysis of BioBank Japan clinical data: A large cohort of 200,000 patients with 47 common diseases, Journal of Epidemiology, 27(3):S9-S21, 2017. PMID: 28190657.
Hirata M, Nagai A, Kamatani Y, Ninomiya T, Tamakoshi A, Yamagata Z, Kubo M, Muto K, Kiyohara Y, Mushiroda T, Murakami Y, Yuji K, Furukawa Y, Zembutsu, H, Tanaka T, Ohnishi Y, Nakamura Y, Shiono M, Misumi K, Kaieda R, Harada H, Minami S, Watanabe, A, Emoto N, Takahashi K, Takeda S, Funaki T, Asai S, Moriyama M, Takahashi Y, Fujioka T, Obara W, Mori S, Ito H, Nagayama S, Miki Y, Masumoto A, Yamada A, Nishizawa Y, Kodama K, Kutsumi H, Sugimoto Y, Koretsune Y, Kusuoka H, Yoshimori K, Matsuda K, Overview of BioBank Japan follow-up data in 32 diseases, Journal of Epidemiology, 27(3):S22-S28, 2017. PMID: 28190660.
Okada E, Ukawa S, Nakamura K, Hirata M, Nagai A, Matsuda K, Ninomiya T, Kiyohara Y, Muto K, Kamatani Y, Yamagata Z, Kubo M, Nakamura Y, Tamakoshi a Demographic and lifestyle factors and survival among patients with esophageal and gastric cancer: The Biobank Japan Project, Journal of Epidemiology, 27(3):S29-S35, 2017. PMID: 28190659.
Tamakoshi A, Nakamura K, Ukawa S, Okada E, Hirata M, Nagai A, Matsuda K, Kamatani Y, Muto K, Kiyohara Y, Yamagata Z, Ninomiya T, Kubo M, Nakamura Y, Ono W, Harada H, Kawamoto S, Shinozaki N, Minami S, Yamada T, Suzuki H, Sakamoto K, Kaneko K, Ohba S, Asai S, Moriyama M, Takahashi Y, Fujioka T, Obara W, Mori S, Ito H, Nagayama S, Miki Y, Masumoto A, Yamada A, Nishizawa Y, Kodama K, Shimizu, T, Naka S, Koretsune Y, Sekimoto M, Kokuto H, Characteristics and prognosis of Japanese colorectal cancer patients: The BioBank Japan Project, Journal of Epidemiology, 27(3):S36-S42, 2017. PMID: 28214186.
Ukawa S, Okada E, Nakamura K, Hirata M, Nagai A, Matsuda K, Yamagata Z, Kamatani Y, Ninomiya T, Kiyohara Y, Muto K, Kubo M, Nakamura Y, Harada H, Kaneko K, Matsumoto S, Shiono M, Minami S, Yoshida H, Taniai N, Watanabe, S, Fujiwara N, Yamataka A, Asai S, Moriyama M, Takahashi Y, Fujioka T, Obara W, Mori S, Ito H, Nagayama S, Miki Y, Masumoto A, Yamada A, Nishizawa Y, Kodama K, Naka S, Endo Y, Koretsune Y, Mita E, Morimoto K, Tamakoshi a Characteristics of patients with liver cancer in the BioBank Japan project, Journal of Epidemiology, 27(3):S43-S48, 2017. PMID: 28214185.
Nakamura K, Ukawa S, Okada E, Hirata M, Nagai A, Yamagata Z, Ninomiya T, Muto K, Kiyohara Y, Matsuda K, Kamatani Y, Kubo M, Nakamura Y, Harada H, Hibino M, Okuyama A, Kano N, Minami S, Genma A, Usuda J, Suzuki K, Sekiya M, Takeda S, Asai S, Moriyama M, Takahashi Y, Fujioka T, Obara W, Mori S, Ito H, Nagayama S, Miki Y, Masumoto A, Yamada A, Nishizawa Y, Kodama K, Tezuka N, Nakano Y, Koretsune Y, Ogawara M, Yamana K, Tamakoshi a Characteristics and prognosis of Japanese male and female lung cancer patients: The BioBank Japan Project, Journal of Epidemiology, 27(3):S49-S57, 2017. PMID: 28202209.
Nakamura K, Okada E, Ukawa S, Hirata M, Nagai A, Yamagata Z, Kiyohara Y, Muto K, Kamatani Y, Ninomiya T, Matsuda K, Kubo M, Nakamura Y, Shimoyama R, Maekawa K, Kaneko K, Harada H, Minami S, Takei H, Saito M, Terao Y, Takeda S, Asai S, Moriyama M, Takahashi Y, Fujioka T, Obara W, Mori S, Ito H, Nagayama S, Miki Y, Masumoto A, Yamada A, Nishizawa Y, Kodama K, Abe, H, Shimizu, T, Koretsune Y, Masuda N, Takeda Y, Tamakoshi a Characteristics and prognosis of Japanese female breast cancer patients: The BioBank Japan project, Journal of Epidemiology, 27(3):S58-S64, 2017. PMID: 28223083.
Ukawa S, Nakamura K, Okada E, Hirata M, Nagai A, Yamagata Z, Muto K, Matsuda K, Ninomiya T, Kiyohara Y, Kamatani Y, Kubo M, Nakamura Y, Miura I, Takatama K, Nabeshima Y, Misumi K, Minami S, Kondo Y, Kimura G, Horie, S, Ohba S, Ikeda S, Asai S, Moriyama M, Takahashi Y, Fujioka T, Obara W, Mori S, Ito H, Nagayama S, Miki Y, Masumoto A, Yamada A, Nishizawa Y, Kodama K, Okamoto K, Kageyama S, Koretsune Y, Nishigaki Y, Yoshida T, Tamakoshi a Clinical and histopathological characteristics of patients with prostate cancer in the BioBank Japan project, Journal of Epidemiology, 27(3):S65-S70, 2017. PMID: 28215481.
Hata J, Nagai A, Hirata M, Kamatani Y, Tamakoshi A, Yamagata Z, Muto K, Matsuda K, Kubo M, Nakamura Y, Kiyohara Y, Ninomiya T, Saito S, Shimomura H, Higashiue, S, Misumi K, Minami S, Yasutake, M, Takano H, Shimada K, Konishi H, Miyamoto N, Asai S, Moriyama M, Takahashi Y, Fujioka T, Obara W, Mori S, Ito H, Nagayama S, Miki Y, Masumoto A, Yamada A, Nishizawa Y, Kodama K, Sugimoto Y, Ashihara T, Koretsune Y, Ikeda S, Yano R, Risk prediction models for mortality in patients with cardiovascular disease: The BioBank Japan project, Journal of Epidemiology, 27(3):S71-S76, 2017. PMID: 28142037.
Yokomichi H, Noda H, Nagai A, Hirata M, Tamakoshi A, Kamatani Y, Kiyohara Y, Matsuda K, Muto K, Ninomiya T, Kubo M, Nakamura Y, Misumi K, Iha K, Matsubayashi S, Matsuura K, Minami S, Sugihara H, Kodani E, Tamura N, Matsushita M, Gotoh, A, Asai S, Moriyama M, Takahashi Y, Fujioka T, Obara W, Mori S, Ito H, Nagayama S, Miki Y, Masumoto A, Yamada A, Nishizawa Y, Kodama K, Ugi S, Maegawa H, Koretsune Y, Kusuoka H, Okumura M, Yamagata Z, Cholesterol levels of Japanese dyslipidaemic patients with various comorbidities: BioBank Japan, Journal of Epidemiology, 27(3):S77-S83, 2017. PMID: 28196738.
Yokomichi H, Nagai A, Hirata M, Tamakoshi A, Kiyohara Y, Kamatani Y, Muto K, Ninomiya T, Matsuda K, Kubo M, Nakamura Y, Misumi K, Iha K, Matsubayashi S, Matsuura K, Minami S, Sugihara H, Kodani E, Tamura N, Matsushita M, Gotoh, A, Asai S, Moriyama M, Takahashi Y, Fujioka T, Obara W, Mori S, Ito H, Nagayama S, Miki Y, Masumoto A, Yamada A, Nishizawa Y, Kodama K, Ugi S, Maegawa H, Koretsune Y, Kusuoka H, Okumura M, Yamagata Z, Statin use and all-cause and cancer mortality: BioBank Japan cohort, Journal of Epidemiology, 27(3):S84-S91, 2017. PMID: 28196737.
Yokomichi H, Nagai A, Hirata M, Kiyohara Y, Muto K, Ninomiya T, Matsuda K, Kamatani Y, Tamakoshi A, Kubo M, Nakamura Y, Misumi K, Iha K, Matsubayashi S, Matsuura K, Minami S, Sugihara H, Kodani E, Tamura N, Matsushita M, Gotoh, A, Asai S, Moriyama M, Takahashi Y, Fujioka T, Obara W, Mori S, Ito H, Nagayama S, Miki Y, Masumoto A, Yamada A, Nishizawa Y, Kodama K, Ugi S, Maegawa H, Koretsune Y, Kusuoka H, Okumura M, Yamagata Z, Serum glucose, cholesterol and blood pressure levels in Japanese type 1 and 2 diabetic patients: BioBank Japan, Journal of Epidemiology, 27(3):S92-S97, 2017. PMID: 28162891.
Yokomichi H, Nagai A, Hirata M, Kiyohara Y, Muto K, Ninomiya T, Matsuda K, Kamatani Y, Tamakoshi A, Kubo M, Nakamura Y, Yamagata Z, Survival of macrovascular disease, chronic kidney disease, chronic respiratory disease, cancer and smoking in patients with type 2 diabetes: BioBank Japan cohort, Journal of Epidemiology, 27(3):S98-S106, 2017. PMID: 28209242.
Takako Yasuda, Toshiyuki Ojima, Mieko Nakamura, Akiko Nagai, Taichiro Tanaka, Naoki Kondo, Kohta Suzuki, Zentaro Yamagata: Postpartum smoking relapse among women who quit during pregnancy: cross-sectional study in Japan. The journal of obstetrics and gynaecology research (in press)
Ishiyama I, Tanzawa T, Watanabe M, Maeda T, Muto K, Tamakoshi A, Nagai A, Yamagata Z: Public attitudes to the promotion of genomic crop studies in Japan: Correlations between genomic literacy, trust, and favourable attitude. Public Understanding of Science. 21(4):495-512, 2012. PMID: 23038861
Izumi Ishiyama, Akiko Nagai, Kaori Muto, Maiko Watanabe, Akiko Tamakoshi, Tadahiko Maeda, Zentaro Yamagata: Public's Attitudinal Trend Toward Genomic Studies Applied to Crops and Genetically Modified Food Products in Japan. Journal of Asian Regional Association for Home Economics, 17(2):40-50.2010
Ishiyama I, Nagai A, Muto K, Tamakoshi A, Kokado M, Mimura K, Tanzawa T, Yamagata Z: Relationship between Public Attitudes toward Genomic Studies Related to Medicine and Their Level of Genomic Literacy in Japan, American Journal of Medical Genetics, 146A(13) 696-706, 2008. PMID: 18546279.

>>メンバー紹介はこちら

△このページのTOPへ

吉田 幸恵(よしだ さちえ)

【主な論文】
中田はる佳,吉田幸恵,有田悦子、武藤香織.「患者の経験からみる臨床試験への参加判断とインフォームドコンセントの意義.臨床薬理.2017(受理済)(査読有)
吉田幸恵「統治下朝鮮におけるハンセン病政策に関する一考察――小鹿島慈恵医院設立から朝鮮癩予防令発令までを中心に」, 『Core Ethics』, 立命館大学先端総合学術研究科, Vol.8, pp.433-443, 2012/03
吉田幸恵「〈病い〉に刻印された隔離と終わりなき差別――「黒川温泉宿泊拒否事件」と「調査者」の関係性を事例に」, 『「異なり」の力学――マイノリティをめぐる研究と方法の実践的課題』, 立命館大学生存学研究センター, 生存学研究センター報告14, pp.88-113, 2010/11
吉田幸恵「ある精神障害者の語りと生活をめぐる一考察――「支援」は何を意味する言葉か」,『Core Ethics』, 立命館大学大学院先端総合学術研究科, Vol6, pp.485-496, 2010/03
吉田幸恵「〈病い〉とともに地域で生きるために――ある精神障害者の語りから明らかになるこれからの課題」, 『学術論文集』, 財団法人朝鮮奨学会, 第27集, pp.115-129, 2009/12

【書籍(分担)】
吉田幸恵「忘れられたくない/忘れたい、のはざまで考える――「解体」するハンセン病者の共同体のゆくえ」 天田城介・村上潔・山本崇記編『差異の繋争点――現代の差別を読み解く』 ハーベスト社, 85-91, 2012/03

>>メンバー紹介はこちら

△このページのTOPへ

楠瀬 まゆみ(くすのせ まゆみ)

【主な論文】
楠瀬 まゆみ. 体験型教育の実践報告 -再生医療臨床研究を題材とした参加型インフォームド・コンセント研修の試み, 薬理と治療 44(8): 1116-1119, 2016.
M Kusunose, F Nagamura, K Muto. Informed Consent in Clinical Trials Using Stem Cells: Suggestions and Points of Attention from Informed Consent Training Workshops in Japan. S Afr J BL 2015;8(2 Suppl 1):4954. DOI:7196/SAJBL.8016.
三田聖子、楠瀬まゆみ、三上容司 「医療安全管理者・医療メディエーター・倫理メディエーターの役割兼務の問題点とその対策」 『医療コンフリクト・マネジメント』,3:49~51,2015 
馬場葉子、楠瀬まゆみ、三上容司「臨床倫理コンサルテーション活動に関する取組みと今後の展望―日本語版倫理ケース(CASE)コンサルテーション・プレートの導入と活用の試み―」、『臨床倫理』、2:89-94、2014
楠瀬まゆみ「HIV/AIDS予防対策に関する調査」、『総合社会科学研究』、高知大学人文社会科学研究科、vol.1 (2000)、pp. 53-61

【書籍(共著・翻訳・編集含む)】
コラム4) 楠瀬まゆみ. 「病院倫理委員会」. 武藤香織・神里彩子編『医学・生命科学の研究倫理ハンドブック』,東京大学出版,55-56, 2015.
コラム8)楠瀬まゆみ. 「動物を利用した臓器の作成はどこまで許される?」.武藤香織・神里彩子編『医学・生命科学の研究倫理ハンドブック』,東京大学出版,112-113, 2015.
ハンク・ダン著、足立智孝監訳、楠瀬まゆみ訳『終末期医療、いのちの終わりを受け容れる ― 愛する人への最期のケア』河出書房新社、2013

>>メンバー紹介はこちら

△このページのTOPへ

髙嶋 佳代(たかしま かよ)

【主な論文】
高嶋佳代, 武藤香織. これからの倫理審査委員会を考える - 「臨床研究に係る制度の在り方に関する検討会」における報告書の提言を手がかりに. 薬理と治療 43(suppl-1): 5022 -5026 2015.
岡村幸恵, 高嶋佳代, 高橋洋美, 長田鮎美, 安部崇子, 佐藤登貴江, 宮下光令「C型肝炎から肝細胞癌に移行し局所療法を受けている患者のQOL」日本看護学会論文集 成人看護2:34:252-254 2003.

【書籍(共著・翻訳・編集含む)】
高嶋佳代 「レクチャー8 幹細胞研究の倫理」 神里 彩子, 武藤 香織 編「医学・生命科学の研究倫理ハンドブック」 東京大学出版会   2015.
井上悠輔 髙嶋佳代 田代志門 丸 祐一 武藤香織. 英国における倫理審査委員会の標準業務手順書. 文部科学省 科学技術試験研究委託事業 「次世代がん研究シーズ戦略的育成プログラム」 研究倫理支援ユニット ・英国研究倫理政策研究班. 2015年3月.

【主な報告書】
吉田雅幸,武藤香織,田代志門,山下紀子,高嶋佳代,江花有亮,甲畑宏子.『倫理審査受委託システム導入における課題とその克服』平成27 年度日本医療研究開発機構医薬品等規制調和・評価研究事業、「治験活性化に資するGCP の運用等に関する研究」分担
若月芳雄, 向原圭, 佐土原道人, 原田博雅, 川島篤志, 金城紀与史, 鈴木將玄, 山本亮, 小崎真規子, 坂本沙弥香, 多田理恵, 高嶋佳代「脆弱高齢者・終末期患者への診療に関する判断、および診療行為の質の評価と改善に関する研究」 脆弱高齢者・終末期患者への診療に関する判断、および診療行為の質の評価と改善に関する研究 平成18年度 総括・分担研究報告書 104-112, 2007.

>>メンバー紹介はこちら

△このページのTOPへ

高島 響子(たかしま きょうこ)

【主な論文】
Takashima K, Takimoto Y, Nakazawa E, et al. Discovery and informing research participants of incidental findings detected in brain magnetic resonance imaging studies: Review and multi-institutional study. Brain Behav. 2017;00:e00676. https://doi.org/10.1002/brb3.676
高島響子.「遺伝医療における倫理的問題―二次的所見を巡る議論の動向―」,『ホルモンと臨床』,62号,2巻,95-99頁,2014年.
Fujita M, Hayashi Y, Tashiro S, Takashima K, Nakazawa E, Akabayashi A. Handling incidental findings in neuroimaging research in Japan: current state of research facilities and attitudes of investigators and the general population. Health research policy and systems. 2014;12:58. doi: 10.1186/1478-4505-12-58.
高島響子.「臨床研究における偶発的所見に関する倫理的課題」『医薬ジャーナル』,50号8巻,101-105頁,2014年.
高島響子、児玉聡.「英国における自殺幇助をめぐる論争とスイスへの渡航幇助自殺―渡航医療が国内医療の法規制に及ぼす影響の一考察」,『生命倫理』,通巻23号,75-85頁,2012年.
児玉聡,高島響子.「患者への情報開示と謝罪―アメリカ・イギリス・国内の取り組み」,『看護管理』,23号2巻,102-106頁,2012年.
高島響子,児玉聡,前田正一.「医療事故等の患者への情報開示・謝罪に関する各国および WHO の取り組み」,『医療事故・紛争対応研究会誌』,6号,19-31頁,2012年.
高島響子,児玉聡.「Medical Tourismが受入国の医療環境に及ぼす影響の論点整理」,『生命倫理』通巻22号,111-118頁,2011年.

【書籍(共著・翻訳・編集含む)】
高島響子.「生殖補助医療技術」,「出生前診断・着床前診断」,『テーマで読み解く生命倫理』小泉博明,井上兼生,今村博幸,吉田修馬(編),教育出版,2016年.
高島響子.レクチャー3,11,12,コラム2,『医学・生命科学研究の研究倫理ハンドブック』神里彩子,武藤香織(編),東京大学出版会,2015年.
高島響子.「ヒトゲノム解析研究における偶発的所見」『ヒトゲノム解析研究と医療をつなぐ倫理的配慮』文部科学省科学技術試験研究委託事業「オーダーメイド医療の実現プログラム」,2014年
Kodama S., Takashima K. Commentary: The Bioplitics and Bioehics Surrounding Chimeric Embryo Research in Japan: A Comment on Jonathan Moreno's "Chimera in Bioethics and Biopolitics." In The Future of Bioethics: International Dialogues. Akabayashi A. ed. Oxford University Press: London, 2014.
前田正一(監訳),児玉聡,高島響子(翻訳)「ソーリー・ワークス!医療紛争をなくすための共感の表明・情報開示・謝罪プログラム」、ダグ・ヴォイチェサック,ジェームズ・W・サクストン,マギー・M・フィンケルスティーン(著),医学書院,2011年.

【報告書】
高島響子(編訳),井上悠輔,李怡然,佐藤桃子(訳),『遺伝子・ゲノム検査の結果の家族への返却を巡る国際動向(資料集1)』,2016年3月.
高島響子,中澤栄輔,瀧本禎之「脳画像研究における偶発的所見への統一対処法導入後の実態把握調査報告フォローアップ調査(2013年度)」,『平成25年度 脳神経倫理学の動向』,文部科学省脳科学研究戦略推進プログラム「脳科学研究における倫理的問題の解決に関する研究」,5-16頁,2014年3月.
高島響子,田代志門,土屋敦,中澤栄輔,藤田みさお,瀧本禎之,赤林朗「脳画像研究における偶発的所見への対処法の実践―脳プロ参画機関における統一対処法導入後の実態把握調査報告」,『平成24年度 脳神経倫理学の動向』,文部科学省脳科学研究戦略推進プログラム「脳科学研究における倫理的問題の解決に関する研究」,5-42頁,2013年3月.
林芳紀,藤田みさお,高島響子,田代志門,赤林朗「脳科学研究における偶発的所見への対処法」,文部科学省脳科学研究戦略推進プログラム「BMI を中心とした脳科学研究に対する倫理審査手法の開発及び脳科学研究における倫理的問題の解決に関する研究」,1-27頁,2012年3月.

>>メンバー紹介はこちら

△このページのTOPへ

船橋 亜希子(ふなばし あきこ)

【主な論文】
船橋亜希子「過失犯における予見可能性の対象について−具体的予見可能性説と危惧感説の対立構造を中心として−」明大法研論集(45)pp. 79-105, 2016.(査読有り)
船橋亜希子「過失犯における予見可能性の対象について(下・完)−判例を中心として−」明大法研論集(43)pp. 1-25, 2015.(査読有り)
船橋亜希子「過失犯における予見可能性の対象について(上)−判例を中心として−」明大法研論集(41)pp. 35-56, 2014.(査読有り)
船橋亜希子「医療過誤における注意義務の一考察−薬害エイズ帝京大学病院事件判決を素材として−」明大法研論集(38)pp. 99-117, 2013.(査読有り)

>>メンバー紹介はこちら

△このページのTOPへ

内山 正登(うちやま まさと)

【主な論文】
金指紀彦,塚越,健一朗,日渡正行,若宮知佐,藤野敦; 安井崇,松本至巨,加納隆徳,大谷晋,西川史恵,吉岡,雄一,市原,光太郎,坂井英夫,宮城政昭,内山正登,小境久美子,齋藤洋輔,田中義洋,齋藤祐一,神田春菜,久野あゆ美, 瀬戸口亜希,根本,賢一,森棟,隆一 .電子教材の可能性 : タブレットPC等ICTを活用した授業, 東京学芸大学附属高校紀要 51: 93-110, 2014.
内山正登,川角博,齋藤洋輔,坂井英夫,塚越健一朗,宮城政昭,池尻良平. Intelligent Cafeにおける新しい学びの取り組み :コーディネーション能力の獲得と学芸カフェテリアとの連携, 東京学芸大学附属高校紀要 51: 111-133, 2014.
内山正登. 高校生物基礎におけるホヤの教材化. 東京学芸大学附属高校紀要 52:29-34, 2015.

>>メンバー紹介はこちら

△このページのTOPへ

李 怡然(り いぜん)

【主な論文】
李怡然, 武藤香織. 配偶子提供で生まれる子への真実告知とインフォームド・アセント-不妊カウンセラーへのインタビューより-, 保健医療社会学論集. 26(2): 74-84, 2016.

>>メンバー紹介はこちら

△このページのTOPへ