IMSUT
Menu
ホーム
研究室の紹介
メンバー紹介
著作物リスト
大学院進学について
お知らせ
リンク集
研究室へのアクセス
ENGLISH
お問い合わせ
IMSUT ORE
東京大学医科学研究所公共政策研究分野

文字の大きさ フォントサイズを大きく フォントサイズを小さく

4つのミッション

公共政策研究分野は、2007年4月に発足した研究室です。以下の4つのミッションを大切にしながら、さまざまな研究テーマを横断的に扱っています。

1. ライフサイエンスや医学研究が、社会の理解を得ながら、適正に行われるために必要な課題を抽出し、その対応を考え、戦略を練ること。特に、研究参加者と研究者の両方がともに信頼関係を構築できる方策を重視すること。

2. ライフサイエンスや医学研究の営みそのものや、その成果が、社会に与えるインパクトを様々な観点から浮き彫りにし、予測すること。特に、患者、障害者、ジェンダー、家族といった視点からの研究を重視すること。

3. 試料提供者・被験者の「当事者性」に立脚し、「情報保障」を意識した研究者との対話実践に貢献すること。

4. ライフサイエンスや医学研究にかかわる倫理教育を中心として、新しい研究分野に関する教育に積極的に参画すること。特に、文科系からの領域架橋を応援すること。

これらのミッションに関連して、公共政策研究分野には、人文・社会科学系の学問分野を融合しながら、ライフサイエンスや医学のありように関心のある人が集まって研究をしています。
研究室の約束事は、「さわやかな挨拶」、「お昼ごはんは一緒に食べよう」、「相手の立場に立って、情報交換を綿密に」です。

様々な研究プロジェクトの現場から考える

公共政策研究分野のスタッフは、様々な研究プロジェクトが社会からの信頼を得て推進されるよう、ガバナンスに関わる支援をしています。特に、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)委託事業「オーダーメイド医療の実現プログラム」、「再生医療実現拠点ネットワーク事業」、「次世代がん医療創生研究事業」、「健康長寿社会の実現を目指した大規模認知症コホート研究」で、倫理面の支援や教育、研究に関する事業を受託しています。

「オーダーメイド医療の実現プログラム」では、「研究倫理支援部門」を担当し、研究参加者を保護することで、研究が適正に推進できるように倫理的配慮や支援活動を行っています。具体的には、1)法律や倫理指針に基づき、かつ専門的な研究内容をわかりやすく伝えるための説明同意文書や補助ツールを開発・作成、2)医療機関において研究参加者への説明・インフォームド・コンセント取得・同意後の手続き等を担うメディカル・コーディネーター(MC)の養成、ならびにMC講習会を通じた継続教育の運営、3)本プログラムに対する倫理的・法的・社会的な観点(ELSI:Ethical, Legal and Social Issues)からの助言を得るために設置された、第三者の有識者で構成するELSI検討委員会の運営、4)本プログラムやゲノム医療に関する解説・研究成果等を紹介する「バイオバンク通信」の発行を通じた研究参加者および市民への情報発信、さらに、5)本プログラムに参加する各医療機関からの倫理面での問い合わせへの対応、を行っています。

「再生医療実現拠点ネットワーク事業」では、「再生医療研究における倫理的課題の解決に関する研究」(課題D)を、国立がん研究センター研究支援センターと共同で受託し、1)倫理支援、2)倫理教育、3)調査研究の三つの領域を中心に活動しています。1)「倫理支援」においては、リスクとベネフィットをより慎重に考慮しながら被験者保護を促進するという観点から、研究者と一緒に考え、また相談に対する助言をしています。2)「倫理教育」では、研究者や特定認定再生医療等委員会の委員向けに、模擬審査研修や適切なインフォームド・コンセントの実践に関する研修の機会を提供しています。3)「調査研究」では、「倫理支援」や「倫理教育」の経験をもとに再生医療研究を進めていく上で重要と思われるテーマを中心に調査・研究を行っています。例えば、研究結果のフィードバックや、未成年の研究参加、First-in-human試験(人に初めて試す臨床試験)についての倫理的課題についての調査・研究などが挙げられます。

「次世代がん医療創生研究事業」は平成28年度より新たに開始される事業で、当教室は、「次世代がん医療創生研究事業のサポート機関運営」の中の「研究倫理コンサルテーション」支援担当として、人の血液やゲノム等試料および情報を用いて行われるがん研究に対して、1)国内の研究倫理に関する指針や国内外の社会的な規制動向、研究倫理に関する調査研究等を踏まえた、研究開始から成果公表(データ共有を含む)に至るまでの倫理的・法的・社会的課題の検討および方針策定と研究者への周知、2)研究代表者より寄せられる研究倫理に関する相談に対する助言、3)研究倫理研修会の開催を通じた各研究開発課題の研究者および各機関の倫理支援者へ向けた情報提供・教育、4)患者および一般向けのがん研究啓発・解説のための補助業務を中心に活動する予定です。

また、「健康長寿社会の実現を目指した大規模認知症コホート研究」は、全国8地域計1万人の高齢者を対象に、生活習慣等と認知症の関連を前向きに調査するコホート研究です。当教室は、分担研究開発課題「認知症コホート研究における倫理的課題の検討」として、国内外におけるコホートの先行事例を参照しながら、倫理的・法的・社会的側面からみた課題を抽出するとともに、研究を遂行する上での研究倫理上の課題(インフォームド・コンセント、コホートのガバナンス、研究参加者との信頼構築等)について研究者に助言を行います。


倫理と研究のはざまで-ベンチサイド・コンサルテーション

公共政策研究分野では、医科学研究所に所属する研究者への倫理的な観点からの支援(ベンチ・コンサルティング)の場として、研究倫理支援室を運営しています。「こういう研究をやってみたいけど、倫理的に何か問題ある?」という大きな話から、「倫理審査の流れはどうなるの?」、「同意書の書き方はこれでいいの?」といった細かな相談にも日々お答えしています。これらのコンサルテーションの結果は、医科学研究所の倫理審査における申し合わせ事項になったり、学んだことを研究に生かしたりしています(神里・武藤 2010)。

ニュースレター

公共政策研究分野では、教室紹介のためのニュースレターを不定期に刊行しています。教室の行事や、メンバーの活動状況のご報告など、教室の「素顔」をお伝えします。
2016年度・第7号

2015年度・第6号

2014年度・第5号

2013年度・第4号

2012年度・第3号

2011年度・第2号

2010年度・第1号